新たな素材の結婚指輪

結婚指輪といえば、プラチナやゴールドが定番となっていますが、その他にも注目な素材があります。

その注目素材は最近では安価でありながら、強度が高く、しかもアレルギーフリーで人体へ無害という金属で、次々と結婚指輪として使用されています。

その中でも、結婚指輪の素材に向いていると、最も注目を浴びている金属素材なのが、ジルコニウム、タンタルです。

1つ目のジルコニウムは、プラチナよりも軽く、耐食性が高く非常に丈夫な素材です。

ジルコニウムといえば独特の光沢をもつ青色が特徴的な色ですが、発色のバリエーションが多いことでも知られています。

その為、他の色を混ぜたりグラデーションにしたりと、特殊な処理によって、さまざまな変化のある発色を楽しめるのも人気の秘密です。

表面には極めて緻密で安定した酸化皮膜が形成されており、金属の溶出がないことから、金属アレルギーを起こしにくい素材でもあります。

2つ目のタンタルも、ジルコニウム同様摩擦に強く硬度が強い素材ですが、ジルコニウムと異なり重量感があります。

色調は青みがかったダークグレーとやや暗めで、落ち着いた大人の雰囲気を出せるのが特長です。

加工がしにくいことから、まだタンタルを使用して結婚指輪を作っている業者は少ないようです。

ですがタンタルは希少性が高いレアメタルの1つであり、オリジナルの結婚指輪を希望するカップルに人気の為、今後需要が高まっていくと思われています。

生体親和性が高いタンタルは、人体に無害であることから医療製品にも使用されているほど安全な素材です。