指を美しくみせる結婚指輪

毎日身につける結婚指輪だからこそ、自分の指をきれいに見せてくれるデザインのものを選びたいものです。

ですが手や指の形は人それぞれ。

指が短いあり、が太い、色が黒い、白いと、悩みやコンプレックスは挙げたらきりがありません。

しかし、上手に結婚指輪のデザインやボリュームバランスを選ぶことで、手や指の悩みやコンプレックスを感じさせないほど、自分の指にマッチした結婚指輪とめぐり合うことができるのです。

まずは指が太くて短いという人は、V字やウェーブといった、動きのあるデザインのものを選びましょう。

このような指輪には、指を長く見せ、指の太さをカバーする視覚効果があります。

また、指輪の真ん中に、一粒ダイヤなどの石を入れることも、指を細く見せる効果があります。

指が細いが、短いのが気になる人も同様に、V字、または緩やかなカーブのS字のものを選ぶといいでしょう。

指の短さが気になる人が避けたいのが、幅広デザインやボリューム感のある指輪です。

このようなデザインは、指の短さをより強調してしまうこととなります。

そして、指は長いが太いのが悩みという人は、ボリューム感があったり、幅広の指輪がおすすめです。

また、彫り加工がされていて個性的なデザインのものも、このタイプの指にはしっかり落ち着いた印象を与えてくれます。

逆に細くてボリュームのない指輪は、余計に手と指の大きさや長さを強調しますから避けましょう。

どんなデザインでも合わせやすいのが、指が長く細いタイプの人です。

ただ、ボリュームのあるものは、指の細さを強調し、バランスが悪い印象を与えてしまうので避けたほうが無難です。